アイスランドへ発

*仕事場脱出
仕様変更の作業。「今日中に出来る予定です」なんてメールしてしまう。が、初回のcompileが通らず、vss取得しなおしだなんだで、結局出来ずにYさんに作業を引き継いでもろた。
19時過ぎに仕事場を出て、京橋駅北側のVodafoneShopで携帯を解約。
解約手続きをしてくれた姉ちゃんは ちょっと感じが悪いえー。新規契約や機種変なら感じ良く接しよるんやろか。
とにかく、これで携帯呪縛から逃れた。
*新幹線
新大阪でビールとカレーパンを買う。レジに並ぶ…つもりが、どうやら列の末端は別の場所やったようで
関東訛の客に「そこちゃうで」という意味合いの言葉を投げかけられ、ムカつく。
が、積極的に討って出る気にもなれず、疲れる。
並びなおす。2つのレジに一列に並び、空いたレジに向かう様子…、だが、俺の後ろの客が2レジvs1列をヤメて
1レジ毎に1列にしてしまう…。またまた むかつくが、疲れるだけ。
はー、これって店員がチャンと言わへんから…?!
少し前の俺なら他の客に対して「ちょっと、おっさん」と声かけてたが
最近は プチ引きこもりになった?せいか、相手する気にならず、腹の中で一瞬むかつくだけ。
携帯にしろ、駅コンビニにしろ、並んで待たされたりしたが、なんとか予定の新幹線には乗り込めた。
ホームで相棒が待っていて、不安気な顔をしている。仕事が長引いたりして乗れなくなるかも…と思ってた様子。
仕事場を出る時に相棒の携帯にメールしとってんけど、携帯自体を家に置いてきていた。
新幹線の中でビールを呑み、カレーパンをパクつく。
ガキの頃は あまり買い食いさせてもらえず、なぜか、カレーパンと言えば ゴチソウのようなイメージがある。
が、このカレーパンは とにかく脂っこぉて不味かった。
相棒が持ってきてくれた薩摩芋は美味い。
今回の旅の準備は殆ど相棒に任せきりやった。
準備せんかった分、本番ではガンバらにゃ?!!?!
行き先が どんなとこなのか想像がつかん。
相棒に旅行パンフなど見せてもらうが いまいちイメージできない。
引き継いだ作業が心配でYさんに新幹線公衆電話から電話する。
が、繋がらない。新幹線公衆電話から携帯にかけるバヤイ、DoCoMo以外は繋がらない。
んなこと忘れてたー。
仕事場の外線の番号なんて控えていない…。
仕方なしに、外線を知ってるかもしれない人に電話をかけ、そこで番号を教えてもらう。
外線で2回ほど電話をし、結局、作業は まぁなんとかなった様子。えがった。
*羽田
そうこうしてる内に、品川に着き、京急に乗り換えて羽田へ。
京急蒲田で乗り換えた電車は天井で首振扇風機が回ってて
なんだか懐かしい感じの電車やった。
そうそう、昔の能勢電。おばあちゃんちに行く時に よぉ乗ってた。
京急の羽田の駅から無料バスに乗り、5分ほどで国際線Terminalへ。
関空を見慣れた者にとっては めっさ狭いターミナル。
団体客で ごった返していた。座るとこなんかありゃしない。
添乗員さんは旗ではなく赤い折畳傘を目印に使ってる。
機体整備の遅れだとかで夜中3時予定だったのが、結局 朝6時過ぎになった。
明るなってから飛行機に乗り込む。飛行機までは またまたバスで移動やった。
真ん中の席やったけど2人で4席つかえたので横になる。
現地の朝に着く予定が、どうも昼過ぎとかに遅れるらしい。
ま、いっか。
他の客の中にはキレてた人も居たらしい。
俺らのツアーはHISで32人。
他にClubTourism?!か何たらゆうグループが3つ4つあって、
全部で300人くらい居るらしい。
300人の日本人が一斉にアイスランドに乗り込む。
へーーーー、結構、アイスランドってメジャーなんかなーーー。
機内では よく寝れた。飲み物があまりもらえず、のどが渇いた。
結局、羽田を出発して、ヘルシンキ給油経由で計15時間ほどかかってアイスランドのケフラビークたらゆう空港に着いた。

カテゴリー:

芦生 沢歩き

由良川の芦生の大蓬谷の入り口んとこまで行った。水量は少なかった。
暑いので由良川本流で水浴びした。気持ちん良か。
京大原生林演習事務所?のところでアンケートをヤってて書いた。
ここにも規制の手が来るんやろか?!?!
また、そろそろ沢靴を買わないと…。ボロボロや。