午前10時10分に家族揃って車に乗り込み、発車!
URの名塩の分譲地の現場を見に行く。
未だ家が建っていないタダの空き地に建つであろう建物を想像する。
ここの土地は購入後5年以内に住居を建てなければならない 買戻し特約なんてのが
土地売買契約についてくる。
今年4月に抽選にハズれたブロックがある。あれは15区画ほどやったかな。
未だ3軒が工事中。のんびりしている。
俺らがハズレタ区画は工事がわりと進んでいた。
ダイワハウスが2棟も建てていた。人気あんのかな?

別の家族が見に来ている。俺らが狙ってる土地に居て、スーツ姿の人と話してるぞー。競争率高いか?!
夫婦と小さい女の子。女の子はウチの上の娘と ほぼ同じ歳やった。学年は一つ違い。
「お隣さんになるといいですねー」なんて 言うてはったけど、抽選倍率のことを考えると お隣さんになる確率は低そう。

それにしても今日はエエ天気や。下の娘は泣いてばかりいる。

13時に守山で工務店さんと会う約束があるので、11時過ぎに切り上げて出発。
名神は空いてたけど、瀬田あたりで少しノロノロ運転になった。
工務店さんに着く間際に200円のビッグマックを口に押し込み、電話をして道を教えてもらって
なんとか その場所に着いた。スポーツマンっぽい体格のオジサンやった。
クーラーを効かした部屋でプリンとゼリーをよばれた。うまい!

ほたての話、板倉の話、色々聞く。喋ることは尽きないようや。
しばらくして、施工例見学へ。のんびりした田園風景を どこまで行くのか、何度も曲がりながら
やっと着いた。無着色のガルバの屋根で薪ストーブの煙突がニョキリと出ている。
外壁も真壁で外側は柿渋が塗られていて いい感じの赤味を帯びている。
ほたての壁は眩しいぐらいに真っ白や。見学に来るからって磨いたんやろか?!

中に入るとクーラーもつけてないのに扇風機だけで十分 涼しい家やった。2階もムっとせず、快適やった。
ガルバの屋根はアチチになっていた。

遮熱シートは入っていないが、西日が当たる壁は別に暑くなかった。
構造材を繋ぐボルトが化粧ボルト?たらゆう、なんか黒っぽい色のボルトになっている。
俺的には、普通の金属のボルトのほうが違和感が無い。ま、好みの問題。

ここで、ようかんやらロールケーキやらを よばれてしまう。喰い過ぎ?
ごちそうさんでした。
奥さんは物腰が柔らかく、さっぱりすっきりした人やった。
全体としてはスゴク居心地のいい家やし、こんな家に住みたいと思ったが
吹き抜けにつけてある古材の梁は なんかいかにも「とってつけました」って感じで
無いほうがいいような気がした。

上の娘は そのうちの女の子に遊んでもろてた。楽しかったようで「帰るでー」というと全身で拒否っていた。
おじいちゃんからは計5回ぐらい「どこから来た?」「どこに住んではんの?」と聞かれた。

次の見学は 琵琶湖大橋を渡って 蓬莱へ。建て方は終了し、内装工事をしているオウチ。
ここもいい感じやった。焼杉板を縦に貼られていたが、クリアー塗装されてるのがザンネンやった。
嫁はんは板の厚みが薄いと感じたようやった。10mmっちゅうてたかな。

そこで工務店さんと別れて、帰途につく。
が、湖西道路ババ混み。後悔した。
路肩をクラクション鳴らしながら激走してくる車があって、びびった。

高速代は行きしが1500円、帰りが1100円やったと思う。土日は1000円になるんかと思ったけど、そのセール期間は終わったんかな。

渋滞もあって遅なってもうたんで
豊中北の王将で夜9時に晩飯を食らい、帰宅して、上の娘と風呂に入る。

ちかれたびー。

広告