空と山のあいだ

高校生の5人パーティ。生き残ったのは1人。冬山での人間が こんなにも儚いものとは。俺がボードを担いで登った時の おいわきやまも吹雪いていて視界が殆どなかった。あんなとこから よー滑って降りてこれたもんだ。運が良かったんかもしれん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中