高校生の5人パーティ。生き残ったのは1人。冬山での人間が こんなにも儚いものとは。俺がボードを担いで登った時の おいわきやまも吹雪いていて視界が殆どなかった。あんなとこから よー滑って降りてこれたもんだ。運が良かったんかもしれん。

広告