槙尾川父鬼川側川

2001年8月?日 和泉市 槙尾山 側川
一緒に遊んだ奴
 のり君


 まだ堂倉谷の興奮が覚めていない ある日、時間があったので近場でも行ってみよ思た。20歳くらいからの お気に入りの場所、清水ノ滝に沢登風にアプローチしてみたろけ…と。沢登りは3回目。今までは殆ど川辺さんの後ろを ついていってただけ。十二分に楽しかったけど やっぱ我がでルートとか考えて登り方とか工夫して登った方がオモロそーやん。でも独りで行くのはチト怖い。それで わりと体力があって”10tトラックにブチ当たっても死なない”系で先先月まで同じ会社に所属していた のり君を誘ってみた。奴のパジェロで迎えに来てもらう。まず試験場近くのサンライズ(釣具屋)で千円の渓流足袋をゲット。そして側川へゴー。着いたのは昼過ぎやったかな?!「まぁ1~2時間登ったら帰ろか」てなノリ。ワラビスカス谷出合の橋のチョット上あたりから水に入った。スグ横が道やしヤバなったら道にいつでも逃げれる!なんとかなるやろ。
 間伐か何かの木の流れついたヤツ多し。クモの巣 多し。なんか運動会の障害物競走みたいやんけ。ははは、ま、えっか。開智ノ滝(名前ちゃうかも)とかってトコの滝身を登ろうとトライするが石がボロボロ崩れてきて無理。スグ横のトラロープを使って登る。こんなとこにわざわざトラロープを備えつけてくれる奇特な方が居んねんなぁ、…感心する。この時の俺的には 結構いい感じの滝(?!)もあって おもろかった。すぐ横が道やけどね。
順当に歩いて清水ノ滝まで行き、「こんなとこ登れんなー」っちゅうて、横のハイキングコースを歩いて戻ってきた。
 それなりに楽しめたし 何より怪我なく帰れたことが良かったわぁ。ほーーー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中